アプリケーション

すべて表示

生体触媒を用いた電力のメタン化

Dörentrup, ドイツ

この町では、水電解装置を用いて、太陽光発電による電力を水素に変換しています。水素は二酸化炭素(CO2)を使用した生体触媒により天然ガスに変換され、生成されたメタンは既存インフラに貯蔵することができます。CO2は蒸留酒やビールのアルコール発酵等だけでなく、燃料に追加されるバイオエタノール生成の過程でも発生します。

同プロジェクトに参加するズートツッカー「ズートツッカーは大型のバイオエタノールを稼動させています。CO2の再生利用は製造によるカーボンフットプリント削減につながるだけでなく、うまくいけばバイオエタノール製品の評価向上をももたらします」と、オストヴェストファーレン=リッペ応用科学大学のティモ・ブレーカー氏は述べています。

パイロットプラントは、実際の稼動段階において、バイオガスのメタン化や電気自動車と燃料電池車のハイブリッド、電力網の需給調整などのさらなる活用事例を評価する目的でも使用される予定です。

詳しくはこちらこちら

水電解水素製造装置 1,000 NL/hr
太陽光発電(PV) 6 kWp
Methane bioreactor 200 L at 6 bar
メタン貯蔵 Adsorption tanks, 30 bar
パートナー TH OWL