アプリケーション

すべて表示

再生可能メタンの製造

Queensland, オーストラリア

オーストラリアの日差しとエナプターの水電解装置が、再生可能エネルギー源から合成、気体、液体など様々な形の発電用燃料を製造しています。発電用燃料は、環境に配慮して供給されるグリーン電力を暖房や輸送、産業セクターにもたらす上で、鍵となる課題です。クイーンズランド州に設置されたエナプターの水電解装置は太陽光発電による電力を用いて、水素を製造しています。この水素に、大気中から直接抽出されたCO2を合成し、再生可能メタンを生成しています。現在はパイロットプロジェクト段階ですが、将来的には、オーストラリアが持つ最も貴重な自然資源である太陽光エネルギーを活用し、大規模な再生可能エネルギーによる水素製造を行うことを目指しています。

詳しくはこちらこちら

水電解水素製造装置 500 NL/hr
圧力 35 bar
稼働開始年 2019
パートナー/実施者 Southern Green Gas / APA