高純度窒素ガスの精製

Moreira, ポルトガル

詳細を隠す

通常、空気から窒素ガスを製造するには、圧力スイング吸着(PSA)システムが用いられています。純度の高い窒素を精製するには、非常に大きなシステムとなることが多いです。小型のPSAシステムはコストは低下しますが、精製される窒素の純度は劣ります。クラン・テクノロヒカ(Clan Tecnológica)とシスアドバンス(SysAdvance)は、エナプターの水電解装置とドライヤーを組み込んで窒素精製を行うことにより、この問題を克服しました。これにより、ポルトガルでよりコスト効率が高く、小型の窒素精製装置が実現しました。

技術仕様
水電解水素製造装置
1,000 NL/hr
圧力
35 bar
パートナー
Clan Tecnológica, SysAdvance
稼働開始年
2014