水素燃料飛行機

広い空のように可能性は無限大です。HyFlyerプロジェクトは、水素利用による中型旅客機の脱炭素化を目指しています。同プロジェクトでは、プロペラ機の従来のピストンエンジンに代わる新たなパワートレイン技術を示しています。英国政府の技術革新政策「Innovate UK」と航空技術研究所(ATI)の資金援助を受け、水素燃料電池によるパワートレインソリューションを開発するゼロ・アビアが主導しています。その他の参加企業のうち、インテリジェント・エネルギーは、高出力燃料電池技術を航空用途に最適化する予定です。また、EMECハイドロジェンは、飛行試験で必要とされるグリーン水素を供給するほか、航空機に対応可能な可動式燃料補給ユニットの開発を通じて、必要なインフラを調査します。エナプターは同プロジェクトに水電解装置を提供できて光栄です。このプロジェクトが大空へと羽ばたくのを楽しみにしています。

技術仕様
水電解水素製造装置
2,000 NL/hr
圧力
35 bar
パートナー
ZeroAvia
稼働開始年
2020

ハイペリオン・モーターズハイパーカー

Los Angeles, 米国

詳細
front of two AEM electrolysers inside a mobile hydrogen fuel station with the doors open
燃料電池ドローンへの燃料補給

Liaocheng, 中国

詳細