用途分野

当社のテクノロジーは、世界中の様々な用途に導入されています。当社は水電解水素製造装置メーカーであり、システムインテグレーターではありません。システムの統合はお客様とパートナー企業が行います。以下に簡単なリストを提供いたします。にそれらの小さな選択があります。

電力貯蔵

世界のエネルギーシステムは、化石燃料から再生可能エネルギー発電へと移行しつつあります。太陽光・風力発電では、余剰電力を貯蔵して、不足時に利用できるようにする必要があります。水素はエネルギー損失がなく長期間保存でき、必要な際に電力に再変換することが可能です。
用途エナプターの水電解水素製造装置には、住宅、商業施設、産業、遠隔地向けの電力貯蔵機能が搭載されています。水素は、季節的なエネルギー貯蔵やバックアップ電源(通信や重要インフラなど)として理想的なソリューションです。農村部の電化やマイクログリッドにおいても、グリーン水素を活用することができます。
メリット:化石燃料を使わずに電力を供給することが可能。オンサイトでのエネルギー完全自給が可能。燃料コストがかからないため、運営費を大幅に低減。全体として安全かつ信頼性の高いシステム。


設置事例
詳細を隠す
マファトのマイクログリッド

Mafate, ラレユニオン

詳細
水素を用いたピークシェービング

Loire Acquitaine, フランス

詳細
solar panels on red frame in a field
農村部の電化プロジェクト

Kyenjojo, ウガンダ

詳細
住宅一体型ソリューション「Picea」

Zusmarshausen, ドイツ

詳細
住宅向け貯蔵

Münster, ドイツ

詳細
戸建て集合住宅「Phi Suea House」

Chiang Mai, タイ

詳細
水素の季節的貯蔵

Col du Palet, The Alps, フランス

詳細
通信基地局

Rompin, Pahang, マレーシア

詳細