エネルギー管理システムツールキット:シンプルなハードウェアとソフトウェアの統合

統合されたエネルギーネットワークに任意のデバイスを接続します。あらゆるエネルギーシステムのエネルギー生成、貯蔵、および伝送を計画し制御します。

パンフレット

当社のエネルギー管理システムツールキットは一元的なエネルギーネットワークにあらゆるエネルギーデバイスを統合するために必要なハードウェアおよびソフトウェアツールを提供します。EMSツールキットは常に拡張されており、個人、産業、または住宅用システムなどあらゆるサイズと複雑さに対応できる包括的なエネルギー管理システムを作成することができます。

すべてのAEM式水電解水素製造装置に付属していますが個別でも提供が可能です。本品使用により効果的なエネルギー管理が可能になります。

理想的な仕様例:

個人、およびビジネスでの小規模なプロジェクト: 監視、制御、そしてエネルギーの生成と消費のバランスを自動的にとるためにエネルギーシステムコンポーネントを統合します。すべてのデバイスと通信します。

住宅用/産業用の水素管理: 水素の生産と貯蔵の各工程を遠隔操作することで、エネルギー資源の効率的な利用と安定した電力供給を実現します。

分散型エネルギーを使用した公共/産業プロジェクト: 分散施設内の異種コンポーネントからデータを取得、調和、および受信し、制御および管理ソリューションを強化します。

再生可能エネルギーを備えたマイクログリッド: 運用目標を計画、開発、そして改善することにより最適な機器性能を確保し、望ましい成果を出し、持続可能なエネルギー目標を達成します。

仕組み

1

Enapterの電解装置には当社のアプリを介したリモート監視および制御用の通信モジュール(IoT、 UCM)が付属しています。また、ソーラーパネルやバッテリー用のモジュールも用意されていますので、何でもご相談ください。

2

弊社のテレメトリープラットフォームはすべてのデバイスからデータを収集して統合し、それらを自動的もしくはオンデマンドで制御し、オンプレミスまたはプライベート/パブリッククラウドにデータを保存します。

3

Enapterのクラウドはインテリジェントゲートウェイを介してデバイスと通信し、データを保存し、カスタマイズ可能なダッシュボード上でリアルタイムまたはオンデマンドでデータを可視化します。

4

EMSツールキットにはWeb IDEやエナプター・ブループリントなどの開発者向けツールや、システムインテグレーターや部品メーカーが当社のソリューションを自社製品に追加するために役立つドキュメントも含まれています。上級ユーザーはデバイス、ワークフロー、およびプロセスを完全に制御できる自動化機能にアクセスできます。

仕様 / 主な機能

ユニバーサルコミュニケーションモジュール(UCM)を介して連動

Enapterテレメトリープラットフォームでデータと制御デバイスを統合する

Enapterクラウドを介しリアルタイムまたはオンデマンドでデータを取得する

当社のモバイルアプリを使用し外出先でも水素を制御

Web IDEやEnapterブループリントなどの開発者ツールとの高度な統合

サポートされているデバイス:

ディーゼル発電機、ボイラー、バッテリー充電コントローラー、バッテリーおよびソーラーインバーター、水素発電機、燃料電池、バルブ、コンプレッサーおよびポンプ、放射照度センサー、その他のデジタルおよびアナログセンサー。

サポートされているUCMプロトコル:

Modbus RTU、Virtual UCMおよびSunspec、イーサネットとSNMP、MQTT、RS-232およびRS-485、CANバス、HTTP / HTTPSおよびREST、OPC UA。

併せて使用可能なカスタムインターフェース

ローコード開発ツール、提供されたSDK、およびMQTTコネクタなどのサードパーティーコネクタ。

当社のAEM式水電解水素製造装置

AEMマルチコアの詳細:420個のAEMコアを備えたEnapter既製のメガワット規模の電解装置システムです。

AEMマルチコア

EL.2.1 電解装置はEnapterのモジュラー製品です。1台のAEM式水電解水素製造装置で小規模な使用や、水素量拡張のために複数のモジュールを積み重ねて使用することも可能です。

AEM式水電解水素製造装置