アプリケーション

すべて表示

水素を活用した住宅暖房

Rozenburg, オランダ

2019年6月、オランダのローゼンブルフ地区で、初の水素エネルギーによる住宅暖房プロジェクトが公式に始動しました。現在、8台のAEM式電解装置でグリーン水素を製造しています。暖房用に水素を直接燃焼させる革新的なボイラーの試験導入も行っています。このプロジェクトは、配電会社ステッディンとロッテルダム市、住宅協同組合「Ressort Wonen」による共同事業です。同プロジェクトでは、将来的には水素の製造、供給、変換のサプライチェーン全体を構築し、最終的にはゼロカーボンの快適な暖房を目指すことを検討しています。

詳しくはこちら

水電解水素製造装置 4,000 NL/hr
圧力 35 bar
稼働開始年 2019
パートナー/実施者 DNVGL / Stedin, Ressort Wonen, Rotterdam